とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第二十八回掲載「ハロー!プロジェクト から ヤロー!プロジェクト へ

      2014/10/08

元モー娘。辻希美が結婚!この衝撃のニュースは日本列島を震撼させ、小さめの離島なんかは丸ごと沈没しかねないほどの揺れっぷりなのは皆さん周知のことだと思います。奇しくもつい先日、加護亜依が外泊と喫煙スキャンダルで所属事務所を解雇され事実上の芸能界引退、ショックのあまり私までも現世を引退しかけるという騒ぎがあったばかり。私は加護亜依ことあいぼんに続いて辻希美ことののたんにまでも裏切られてしまったのです。

あいぼんとののたんの熱狂的ファン!ていうか信者!なんて言うと私が何だか物凄くキモ奴だと思われそうですがキモくないですよ。少ししかキモくないです。だからカノジョができないとかそんなことはありません。生きている理由が「今はまだアイドルとファンの関係だけど、もしかしたら偶然に偶然が重なってあいぼんかののたんと付き合えるようになるかもしれない」という僅かな可能性のためなんて言うと確実にキモい奴だと思われそうですがキモくないですよ。いや、確かに少しキモい方ですけどそこまで激しくキモいというわけではありません。キモすぎてカノジョができないとかではありません。

スポンサーリンク

話が逸れましたがアイドルとは神聖な存在であるべきだと思います。ファンによって神格化されたアイドルは自分が崇拝の対象であることを自覚し、プロに徹して聖人になりきらねばなりません。アイドルだって普通の子?それは違います。普通の子であれば我々信者が写真集を崇め奉ったり、CDを繰り返し聴いては念仏のように唱えたりはしませんから。

当たり前ですけどアイドルになるような選ばれし者は容貌に優れたカワイイもしくはイケメンな人ばかりです。しかしカワイイ子であれば黙っていてもチヤホヤされて甘やかされるため自制心に欠け、モテるので異性とアレなことをする機会も増えるでしょう。そんな環境ですから喫煙や結婚もありうるわけで、若くしてタレントとして大人の世界に生きるアイドルたちにとっては尚更仕方ないと言えるかもしれません。つまりカワイイ子は実はアイドルには向いてないんですよね。

そこでアイドル不在と呼ばれるこの時代を打破する真のアイドルは誰なのかと言うと、やはりこの私しかいないのです。自慢じゃありませんが私はどう見てもオッサンなうえにジェノサイドを想わせる破壊的顔面の持ち主で歴史的な負の遺産並みのブサイクですから異性との色恋沙汰など起こすはずありません。スキャンダルの危機も顔で打ち砕く確固たる自信があります。さらにモー娘。をはじめとしたアイドルたちの曲はオッサン声とはいえ日頃の精力的な修行のおかけで振り付けまで完璧にこなせますからこれも心配いりません。ファンのためならオッサンですけどキワドイ水着姿を惜しみなく披露する覚悟も出来ています。

私にカノジョがいない理由は時代を見抜く鋭い先見性と高いプロ意識によるものなのですね。いや、だからキモくないって!実際結構キモいかもだけど多分まだ大丈夫だって!

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第二十二回掲載「ミスターMの戦いの記録」

ナンパ師というのは恐ろしいものです。面識も何もない全くの他人である異性に突然声を …

第四十一回掲載「いけないいけない、ばぁ」

学生時代の友人に子供が産まれました。青春時代をともに過ごし「スピードのメンバーの …

第二十三回掲載「正解のない世界」

世界ってのは本当に広いもんです。私が生活している街、私を取り巻く人々、私の知って …

第二十九回掲載「童貞の道程」

「昨日徹夜してさぁ」 「俺なんて二時間しか寝てねぇよ」 こういった” …

第四回掲載

-前回のあらすじ- 『モテなくたっていいじゃない。人間だもの』をスローガンに、ブ …

第二十四回掲載「開けましてオレでとう」

あけましておめでとうございます。もう皆さんがコレを読んでいる頃には正月ムードなん …

第五回掲載

オシャレで小粋なニューヨーカーの皆さんお元気ですか?毎度の如く、ウザくてダサい田 …

ご愁傷 Summer Death

今年の夏もめでたく無事に過ぎ去りまして、例えば太陽の陽気でちょっぴり開放的になっ …

第十三回掲載「押忍!帰宅部」

トリノ・オリンピックが遂に開催されましたね。その模様はメディアで連日扱われており …

第五十一回掲載「あいらぶベースボーズ」

日おこなわれたWBCでは我らが日本代表が見事に優勝を決めちゃいましたね。私も手に …