とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第十二回掲載「あ・はっぴー・にゅー嫌」

      2014/10/08

あけましておめでとうございます。皆さん無事にお正月を迎えましたか?「やっぱ正月くらいは家でノンビリしなきゃね!」とか言いながら正月に限らず年中ひきこもっているミスターMです。

まぁ年末年始の私と言えば大変に忙しく、それはそれは大車輪の活躍でした。ボーっとしたままコタツに寝転がりテレビのチャンネルを次々に変えながらもそれと並行してスナック菓子をほおばり、なおかつ尻を掻きむしりながら放屁するという多忙な正月の過ごし方で、それ以外の正月らしいことは一切しなかったほどですよ。親戚や知人に新年の挨拶に行くことすら儘なりませんでしたからね。

スポンサーリンク

正月のテレビは特番ばかりでしたが合間に流れるニュースでは初詣参拝客でごった返す全国の神社の様子が映ってたりで、やはり正月に初詣くらい行っておかねば日本人とは言えないと勝手に日本人を定義しつつ考えた私は、ゆっくりとコタツから起き上がり隣町にある地元では有名な神社に御詣りを決め込むことにしました。

外はかなりの冷え込みのためマフラーを顔全体に巻きつけチョット変わった宗教を信仰している人みたいな出で立ちで出発したその道中、やはり正月シーズンだからでしょうか。神社に近付くにつれてだんだんと行き交う人たちの数が増えていきまして、神社に到着するころにはシャレにならないくらいの人だかりです。地球上にはこれほど多くの人間がいるのかと思うほどの盛況ぶりでハシャぎまわる群集を見ていると暴動でも起こっているかのようです。

「正月早々からこんなトコに群がりやがってオメェらよっぽどヒマなんだな」と正月早々からこんなトコに群がっている私ですら思うようなお祭り騒ぎで、神社の本殿に続く道の途中にあるお土産屋なんかも暴徒化した民衆に襲撃されている店っぽいキケンな騒ぎになってました。タッキーの写真が付いたウチワだとかピカチュウのヌイグルミだとかタレントやキャラクターグッズの正月らしさ皆無の店までモリモリと人が溢れて、ついつい私も流れに乗って柄の部分が柔らかいゴムでできたヌンチャクを購入してしまうというおめでたさです。

明らかにブルース・リーをパクッたと思われる眉毛太めの人が上半身ハダカでアチョーとか言ってる絵のパッケージで、商品名は「カンフーヌンチャク」という本当に行き当たりばったりで思い付きの商品企画会議から生まれたとしか思えないステキなグッズです。購入した際にヌンチャクをビニール袋に入れてもらったのですが人ゴミの中では少々かさばるのと袋からうっすらと透けて見える偽ブルース・リーのイラストがほんのり恥ずかしいという理由で袋と外箱は捨て、ヌンチャクだけを肩からぶら下げることにしました。

参拝に訪れた人たちはみんな混雑の中で人ゴミをかき分けながら歩いていましたが、マフラーで顔を覆い隠しヌンチャクを下げた私の周りだけは何故か人が少なく、進む先々でみんなが道をあけてくれるという不思議なビップ待遇です。こりゃ年始から縁起が良いですね。

とびきりイカした格好のまま本日のメインイベントである賽銭の投入を目指した私でしたが、賽銭箱の置いてある本殿は一層カオスなことになっていました。一歩足を踏み入れると物凄い数の人が集まっていてビップであるはずの私でも全く前に進めません。愚民どもをヌンチャクで蹴散らして進むほかないんじゃないかというくらいの勢いで怒涛の如く人が押し寄せ、流れに抗えないままに見知らぬオジサンたちのグループの間に割って入っているという気まずさ炸裂のポジショニングでひたすら賽銭の順番を待ちます。知らない集団のド真ん中に立ち尽くしていることとあまりの混雑に気分が悪くなりそうな私は身の危険を感じ、もはや一刻もはやく帰って家にひきこもっていたいこと山の如しです。何だか親とはぐれたのか泣き叫んでる子供とかがいましたからね。ちっともおめでたくありません。

慣れない人ゴミにヤキモキしていた私でしたが、賽銭箱は未だ遠くしばらくは待ち続けなければならないようです。はやく帰りたい。しかしココまで来たからには賽銭箱にお金を入れてキチンとお詣りしたい。そこで閃いたのはこの場から賽銭をバスケのスリーポイントシュート的に遠投で入れるという神をも恐れぬ罰当たりなアイデアです。とは言ってもかなりの距離がありますから全力で振りかぶってトルネード投方で挑むしかないでしょう。魂を託した賽銭を力いっぱい握りしめ、近くの人に肘をぶつけながらのモーションでブン投げてみました。飛距離は充分でグングンと賽銭の起動は伸びていきます。私の一年を左右する賽銭が無事に賽銭箱に命中し良い年を過ごせると思ったのも束の間、方向が若干ズレたようで私の想いを乗せた五円玉は斜め前方の参拝者の渦の中に消えていきました。

結局ヌンチャクを買っただけという全く詣っていない初詣でした。このままだと神様に見捨てられないか一年中心配です。こんな私を今年も暖かく見守ってください。

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第四十二回掲載「同棲対童貞」

前回は友人がパパになったというお話をさせていただきましたが今度は後輩に彼女ができ …

ご愁傷 Summer Death

今年の夏もめでたく無事に過ぎ去りまして、例えば太陽の陽気でちょっぴり開放的になっ …

第一回掲載

お初にお目にかかります。私はミスターMと申しまして、アメリカ留学中の友人がつくっ …

第五十回掲載「邪魔?する奴は? 指先ひとぉつで?? 花粉症ぉ??」

ドワックショイ! 花粉症が猛威を振るう季節ですね。おかげで私もクシャミと涙と鼻水 …

NYのフリーペーパー掲載に関しての経緯

こないだはじめ氏が勝手に『とある芸人の一言』内に投稿フォームを作りやがりまして、 …

第五十一回掲載「あいらぶベースボーズ」

日おこなわれたWBCでは我らが日本代表が見事に優勝を決めちゃいましたね。私も手に …

第四回掲載

-前回のあらすじ- 『モテなくたっていいじゃない。人間だもの』をスローガンに、ブ …

第五十五回掲載「二次の金貨」

清純派アイドルとしてお馴染みだったあの芸能人がカラダに良くない方のお薬を服用して …

第八回掲載「天災(台風)vs天才(ミスターM」

アメリカではルイジアナ州のハリケーンの被害が甚大なようで、痛ましい被害の模様は日 …

第四十五回掲載「キミのハートにホームラン」

スポーツの秋!とゆーわけで最近草野球にハマっている爽やかスポーツマンことミスター …