とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

リアルバスターズ!エクスタシー

      2014/10/08

一家に一台パソコンがあり、一人一台携帯をもつのが珍しくないこの御時世ですからインタネッツはもはや万人にとって当たり前の生活ツールになりつつあります。指先ひとつで情報を得ることができるだけでなく、パソコンさえあれば買い物から手淫のネタまであらゆるサービスを享受することができるってんだから便利なことこの上ない。ホント文明の勝利です。

かくいう私もパソコンのおかげでめでたく彼女が出来ちゃいまして、夜の公園を二人で散歩したり彼女の手づくり弁当に舌鼓をうったりとラブラブなんですよ。あんまり言うと自慢話になってしまうんですがシャイなところもまた可愛くてですね、彼女ったらパソコンの画面からコチラ側へ出てこようとしませんからね。とんでもない恥ずかしがり屋さんです。

まぁそんなノロケ話はどーでも良いのですが、私が最近思いますのは世間でのインタネッツの使われ方と言いますか、インタネッツへの意識と言いますか、そういうのがおかしな方向に進んできているような気がするってことなんですよね。どういうことかと申しますと、昔々は日常世界とインタネッツ世界の間はもっとハッキリと隔離されていたと思うんです。

スポンサーリンク

私がインタネッツの魅力に取り憑かれだした頃、巷ではイイ匂いさせたキャピるん娘どもがTKサウンドまじ最高だわよね的な話題に華を咲かせておったわけですよ。まさか数年後にTKが逮捕されるなんて梅雨知らず、ギャルのカリスマ朋ちゃんがギャグのカリスマみたいな存在になっているなんて夢にも思わずに。私ってばそんなモテカワスタイルな話を傍らで聞いて「メイドさんロックンロールこそ至高の神曲だろアバズレども!それよりもパンチィーを見せてくれんかの?」などと柱の陰からブツブツ呟いていてたもんです。関係ないですけど昔、何かのCMでこの音に未来が見えるねなんて言ってたTKですがオマエの未来すげーことなってるぞ!

さすがにギャルッ娘たちの間に割って入ってメイドさんロックンロールを全力でお勧めし、尚且つパンチィーを覗き見たりなんぞすれば「ナニこの人チョベリバ!真剣十代チョベリバ!」なんて返り討ちに遭うのは明白ですから普段は沈黙を守っていたんですけども、やっぱりTKサウンドが大手を振って歩いている世の中でメイドさんロックンロールが好きなんて公言するとなると、それこそ磔にされても文句言えないくらいの異教徒扱いです。「マスカ?レ??燃え尽きそ?ぉ?」なんてtrfの曲に併せて磔台に火を点けられかねない異端ですよ。

世間で口にすることが許されるのはTKサウンドのみという暗黒の全体主義時代に、私たちアウトサイダーはどーしても誰かとメイドさんロックンロールについて熱き激論を飛ばし、嗜好を共有したかったわけです。そこで現れたのがインタネッツでした。TKしか選択肢のないオフラインの現実世界とは違い、回線の向こうにはメイドさんロックンロール愛好者たちが社会の喧騒を逃れてひっそりと暮らしており、表舞台では決して歌うことのできない「炊事?洗濯?お料理?せっくすぅぅぅぅ?あなたが望めば何だってしちゃうわ??」の大合唱ですよ。ていうか今考えると頭が湧いてるとしか思えねー歌だなオイ。

当時はリアル世界ではTK、ネット世界ではメイドさんとゆーふーに棲み分けができておりお互いに不干渉という掟がありました。リアル世界の住人からするとネット世界は得体の知れない怖い場所という認識があり、同じくネット住民もリアル世界にすむモテカワの恐ろしさに打ち震えてたものです。ただある時期からこの勢力図に変化が訪れるんですよね。ネット世界にリアル要素を持ち込む掟破りの不法者が跳梁跋扈してくるんですよ。職場や学校ですればいいようなリアル世界丸出しの馴れ合いをウェブ上で繰り広げてやんの!

うん、何かね、インタネッツ普及の功罪ってゆーんですか?所謂リア充ってヤツなんですけど、普通のうら若き女子大生がインタネッツに手を染めちゃったりして「??の気まま日記」とかいうブログを立ち上げちゃったりしてコレがまたひでーのな。

?月?日
タイトル『なんとかアイス』
どっかのコンビニで売ってるなんとかアイスにハマってまーす(はぁと)

みたいなのを写真やら絵文字やら付けて紹介してるんですが、正直そんなんどーでもいいんですよ。もっと第三者にとっての有益な情報とか世界中に向けて言いたいこととかねーのかよ。

?月?日
タイトル:今日の晩ごはん
本文:肉じゃがをつくりましたー
【肉じゃがの写真付き】

?月?日
タイトル:今朝は
本文:ヨーグルト食べたよー
【ヨーグルトの写真付き】

?月?日
タイトル:鍋したよ
本文:友達のユキちゃんとキムチ鍋を食べに行きました。
【女二人が鍋を挟んで決めポーズの写真付き】

いや待て。てめぇら一列に並んで歯を食いしばれ。別にどこぞの女子大生が何月何日に何を食ったかなんて知りたくないんですよ。ていうか毎日の献立一覧みたいになってますから。もっと生産的でためになるような内容とか心の中に溜め込んでる魂の叫びだとかそういうのを綴っていけよ。

?月?日
タイトル:今日は
本文:疲れた…
【写真ナシ】

気まますぎるだろ。いくらなんでもそれはホントに気まま日記すぎるだろ。何かもっとこう具体的に親友に裏切られてもう生きていくのに疲れたとか興味を引く内容だったり、彼氏が寝かせてくれなくてガンガン突かれて疲れたとかチョット上手いことギャグを織り込んでみたりだとか、そういうクリエイター魂みたいなのを見せろよ。

私はこの??の気まま日記を毎日欠かさずチェックしてるんですが、やっぱり本来リアル世界でのみ暮らしてるような人間が不文律を破ってネット世界に進出してくるとこのような結果になっちゃうんですよね。もう目もあてられない。え?じゃあそんなブログをなぜ毎日チェックしてるかって?いや、別にその女子大生が超絶カワイイなんてフシダラな理由では絶対にありませんよ。彼女にすっかり恋をしてしまって更新がすげー楽しみだなんて軟弱な理由では絶対にありませんよ。

?月?日
タイトル:遂に赤ちゃんできちゃいました☆
本文:ウチの犬に
【犬の写真付き】

ビビらせるなって!タイトル見て心臓止まりそうになったわ!愛しの??ちゃんが手癖の悪いヤリチン野郎の毒牙にかかって私の恋が粉々に砕け散ったと思ったんですが、どうやら飼い犬の話だったようでホッと胸を撫でおろしました。いや、繰り返しますが私はバリバリの硬派ですから彼女の魅力にゾッコンラブだなんてことは絶対にありません。

昔からウェブサイト独自のローカルルールを心得ず空気を読まない新参が増えると「厨房が湧いた」「クオリティが下がった」なんて声があがるのはよく聞きますが、私が言いたいのはもっと根本的な、ある特定のサイトのルールに限らずネット全体のルールが破られているような気がするんです。ネットの閉鎖性を活かして現実では出会えない相手と現実ではできないやりとりをする。何を食べたかは現実で、何で抜いたかはネットで発表する、そういった棲み分けが成されているというのが各々の世界の平穏を守っていくうえでのマナーだったはずです。それなのにネットとリアルの壁を好き放題にブチ破り、他人の住む世界に進出してくるリア充って言わばネット界の住民票を持たない不法入国者だと思うんです。境界線を強行突破して我々のような細々と暮らすネット住民の住処を奪う蛮賊ですよ。

なぜ彼女はリアルでやればいい下らん馴れ合いをわざわざネットでやるのか。こういう節操のない輩はネット界代表としてこの私が直々に一喝してやらねばならんのですが、例えそれでこの一件が解決したとしてもネット界全体から見ればリア充どもの領土侵犯の例はまだまだ無数にあるわけで根本的解決には至りません。表面的な解決策だけでなく根底にある原因を探り当て、それを絶やすことこそリアルとネットの双方の永劫たる平和に繋がるのです。我々は件の女性ブロガーに対して「発言をやめろ」と頭ごなしにいうのでなく「なぜ発言の場がネットなのか」を考えてやらなければなりません。

リアル界の人間である彼女が自分の住処で言うべき戯れ言をネット界で垂れ流してるわけですが、友達同士でやっとけばいいような話ですから普通に考えればわざわざネットを介して不特定多数の相手に伝える必要はなさそうな気がします。しかし、しかしですよ!こう仮定すると謎を解き明かす鍵が浮かび上がってくるのです。

そうなのです。

彼女はネット界の人間に秘めたる想いを抱いている。つまり私に恋をしているのです。

まぁね、現実では友達もたくさんいてワイワイキャーキャー話す相手には困らないであろうリア充丸出しの彼女がですよ。リアルの仲間じゃ飽きたらず境界を飛び越えてこの私のテリトリーに侵入するってことはやはりこれしか考えられませんとも、ええ。
「親友のマイコもナオコも大切だし、一緒にいると楽しいんだけど何か満たされないわ。私が紡ぎ出す言葉を本当に伝えたい相手は回線の向こうのプリンス、ミスターM様なのよ!届いて!ブログに乗せた私の想い!」
てなもんです。こう考えると彼女の不可思議な振る舞いにも合点がゆくんですね。私への愛を伝えることこそ彼女がブログを立ち上げた動機ってんですか?大丈夫、キミのピュアな気持ちはこのミスターMがバッチリ受け取ったよ。

さて、ネット界の王子とリアル界の姫という現代版ロミオとジュリエットな我々ですが、私への愛故に危険を省みず敵国へと熱きメッセージを発する彼女に対し、私も同様の方法で応えねばなりますまい。ネットにばかり引きこもるのではなく現実に出向いて彼女を抱きしめ、その尊き愛に報いるのです。まぁね、ネットバカのミスターMが現実の女なんか誘えるのかって思った諸兄は死んだらいいんですよ。いま思いついた最高のギャグで言うと諸兄は処刑ですよ。こう見えてもね、女の子の一人や二人、馴れた感じでヒョイヒョイ誘えるんです。自慢じゃないですが私ってば結構なカリスマナンパ師で街のネオンが怪しく光る夜の摩天楼ではブイブイ言わせてますから、キャッ!この人ステキかも?と思わせる文言なら任せとけってもんです。

>メッセージ投稿フォーム

やっぴー!ぼくミスターM!
街で噂のイケメンだよ?ん(爆)
でも実は「イケバナはメンどくさい」という意味のイケメンだったりして?
(汗タラ?)
そんなぼくとデートでもしないかい?
デートでトーデ(遠出?)しないかい?
返事は待ってるけど変人は待ってませ?ん
ぬぁ?んちてネ?
そんじゃアディダス!
(ヲイヲイ、それを言うならアディオスだってーの!)

>以上のメッセージを送信します。よろしいですか?

>はい カチッ

うむ、我ながら完璧な文言です。ナウい感じにフィーバーしているお洒落なモダンボーイ全開で冬だというのに夏を抱きしめている予感すらします。こりゃ恋の気配もビンビン物語ですね。そういった爽やかクールガイなメッセージを彼女のブログの投稿フォームに激しくぶち込んでやったのですが、待てど暮らせど返事が来やがりません。いやいや、どんだけ恥ずかしがり屋さんだっての!私のこと好きなクセに、何をテレてんだっつの!いくらなんでも恋に臆病すぎだっちゅの!

まぁそういった感じでネットはネット、リアルはリアルという相互不干渉の協定が破綻し、ネットにリアルを持ち込むリア充どもの横暴は枚挙に暇がありません。その原因の一端はこの私の素敵フェロモンがムンムンなことに起因するみたいなので文句は言えないんですけど、ていうか今まさにコレを書きながらメールチェックしても一向に彼女からの返事がないんですけど、まぁネット王子たる私のリアルでのモテ・エピソードとしては他にもありますからね。ブロガーの彼女以外にもまだまだエロフラグは立ってますからね。全然残念ではありません。さっきから頬を熱いものが伝ってますけど全然泣いてなんていません。

で、次なるモテ自慢ですが実は私の身近にちょっと平井理央に似ているイマドキガールがいるんですよ。私もこの平井理央にすれ違うたびに全力でニオイを嗅いではチムコをガッチガチにしているわけなんですが、そんな彼女が何をトチ狂ったか突然こんなことを言いだしやがりました。

平井「ミスターMさん、mixiて知ってます?」

私「ん?あ、ああ、何か流行ってるらしいね。お、お、俺はよく知らないけど…」

平井「ミスターMさんも一緒にやりましょうよ!みんなやってますから!友達とメッセージやりとりできて楽しいですよ。私、ミスターMさんの書いた日記とか見たいですもん」

私「せ、せ、せっかくだけど遠慮しとくよ。興味ないし!うん!」

平井「そっか?残念?」

いやね、普通に考えますとこりゃ見紛うことなき恋愛フラグですよ。ウェブ上での交換日記ってゆーね?取り留めのないことを書き綴っていくうちに互いに惹かれあい、いつしかチムコもガッチガチ!あわせてマムコもグッチュグチュ!夜は二人で夢の国、魅惑のエレクリトリカル・パレードは確実です。平井理央のビラビラがビライリオです。童貞キングの私としてはホイホイついていきたくなる甘美な誘惑ですが断腸の思いで血の涙を流しながらお断りしちゃいました。

だって実は私もmixiしてますなんて言えないじゃない?既に日記バンバン書いてますなんて言えないじゃない?自分の過去の日記を改めて読んでみますと、オグシオにシオを噴かせたり、借り物のDVDにぶっかけたり、絶倫エロゲマンと称してチンコ独立運動を展開したりと大変な騒ぎじゃないですか。こんなの麗しき女の子に読ませたりなんかしたら童貞キングからオサラバどころか変態キングとして定着してしまうじゃないですか。mixiでリア友見つけても恐くて踏めませんもん。アイツもコイツもmixiしてるらしいですけどバレたら正直ヤバいですもん。知人にバレたらマジ自殺モノですもん。ホントこんな日記書くってどぉゆうことなの?バカなの?死ぬの?

昔のインタネッツの世界は現実とは違う裏世界でした。リアルのみでは生きていけないヲタクや過激かつ偏屈な思想の持ち主、マイノリティに属するアングラな輩などのムサ苦しい漢どもが集まる戦場だったのです。もっと殺伐として悪意に満ちて、しかしそれでも戦士たちにとっては居心地の良い空間、それがインタネッツなのです。しかし今や戦士とは程遠いトキメキガールズや覚悟なきチャンチャラボーイズで湧きかえり気持ちの悪い馴れ合いの場と化す始末、そんなのオフラインでやりゃあいいんですよ。会って話せばいいんですよ。

ここで私は提案します。ネット界を蹂躙するリア充どもに対抗してネット戦士である我々もリアル界に進出してやるのです。ネットでしか許されない振る舞いを現実で堂々とやってやるのです。オフラインへの殴り込みです。などと思っているところにちょうど先程の平井理央がやって来てUSBメモリーを貸してほしいなどとヌカしやがりましてですね。私の渾身の二次エロ画像コレクションがミッチリ詰まった秘密メモリーを渡してやりましたよ。ローゼンメイデンのキャラクターが汁まみれになってたり、らき☆すたの女の子に極太ちんぽこが生えたりなどで大暴れなんですけど、それ以外にもドラゴンボールの悟空とベジータがガチホモプレイに及んでる同人マンガがあったりと何故こんなのを保存したのかわからない鬼畜ファイルのオンパレードです。「オラ、ワクワクするぞ」て股間を弄りながら絶頂に達するときは「波ァァァーーーッ!」とか吼えてやんの。何この精神的ブラクラ。もうバカとしか思えない。私がベジータなら震えながら「ここからが本当の地獄だ」とか言うのも無理もないレベルです。

さりげなく平井理央にエロ画像メモリーを渡し、ネット戦士としての私の活躍を見せつけてやることでリア充どもに一泡吹かせてからというもの、私の歴戦の武勇に畏怖を感じたのか平井理央はじめ周囲のヤツら誰も私に近寄ってきやがりません。何か知りませんがミスターM菌とか呼ばれて私にタッチしたらアウトみたいな遊びが流行るようになりましたからね。私が流行の中心っていうか、私によって楽しい遊びが繰り広げられているわけで、とにかく凄い人気者です。

まぁね、身近な人が憧れの存在であるネット戦士だったわけですから幾多の闘いを駆け抜けてきた英雄に対して気軽に話しかけるなんて確かに恐れ多いことだと思います。その気持ちもわかりますとも。この私をmixiに誘ってきやがった平井理央も絶対に私のことが好きで誘ったと思うのですが、まさか恋のお相手が伝説のソルジャー、それも二次エロ収集に余念のない歴戦の猛者だとは予想だにできなかったようで完全に恐縮しちゃってます。

「あぁ、私はなんて人に恋をしてしまったのかしら…この恋は叶うはずもないわ…だって彼は私とは住む世界の違う偉大な戦士なんですもの…私なんかじゃあまりにも釣り合わないわ」

と思っているに違いありません。しかし戦いに明け暮れるネット戦士な私も女の子には優しい紳士ですから、彼女の気持ちに応えてあげることにしました。

「やぁ、こないだはmixiに誘ってくれたのに断っちゃってメンゴ!ところでマイコレクションは見てくれたかい?もし良かったら今日の夜にでも僕の元気玉をSPARKINGしない?」

正にこれですよ。彼女も私に寄り添い「汚ねぇ花火だけど…良い?」なんて謙遜しちゃったりなんかして、でも夜はトビキリ全開パワーでクリトリのことかーッ!と大絶叫。私の如意棒もグングン伸びて、これ以上はカラダがもたねぇってくらいに壮絶なカメハメです。

さっそく彼女のもとを訪れ

「やぁ、こないだh」
「キャー!近寄らないで!バタン!ドタドタドタ……」

ですからね。私の顔を見るや否やUSBメモリーを投げ返して全力で走り去ってやんの。オイオイ、いくら私に憧れまくってるからってそりゃ照れすぎだろ?恋に奥手すぎだろ?まったく困ったちゃんだな?

以後の私はドラゴンボールHという鳥山明先生の後継者みたいな仇名をつけられて、あまりにも偉大すぎるためか周りから完全に話しかけられなくなるんですけれども別にチャラヘッチャラです。飲み会とか私だけ見事に誘われませんけど笑顔ウルトラZです。全然残念ではありません。さっきから頬を熱いものが伝ってますけど全然泣いてなんていません。

そんなわけで私はリアルでキャピキャピ楽しんでるヌルい奴らを徹底的に糾弾します。そしてリアルの空気を引きずりネットでもキャピキャピ楽しんでる奴も同じく糾弾します。ただね、私のことがどーしても好きっていうキューティー乙女がいたら少しはデートとかしてあげてもいいですよ?恋のメッセージ絶賛受付中ですよ?

とダラダラ書きなぐった結果、例によって狂ったように長くなった今日の日記ですけど私の言わんとすること、つまり我々は如何にしてネットと付き合ってゆくべきか、そして私がどれほど人気者かという点を余すところなく伝えることができたと思うのでそろそろ結びとしたいと思います。

そんじゃアディダス!
(ヲイヲイ、それを言うならアディオスだってーの!)

 - 何人のつぶやき

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

W杯を終えて 日本代表の抱えた問題

いや~先月は2回に渡ってサッカー評論日記をズバズバ書いてきたんですけども、サッカ …

モーソーゲーム~勇敢な恋の歌

先日、知り合いの女性と一緒に食事をすることになって、近所の某飲食店に行ったんです …

血痕死期と書いて結婚式

大学時代の友人がこの度めでたく結婚しました。 まぁ私の大学時代って断末魔の悲鳴と …

私も沖縄人並みに体毛が濃いです

沖縄戦の終結からちょうど60年だとかで、メディアなんかでも特集やってますね。 で …

ミスターMの手探り恋愛論

皆さん恋してますか?私なんて夜毎恋に恋い焦がれ恋に泣いているうえに胸毛が濃いです …

みんなへの迷惑を顧みず、最強にコメントしづらい日記を遂にアップ!

いや~何と言っても私は全米が震撼するほどのダイナマイト級な面倒くさがり且つ怠け者 …

CROSS†CHERRY

自然科学における真とは実験や理論により証明できるってもんで、A説とB説のどちらが …

オトナ色シンフォニー

~♪~~♪~~~♪~ ヘイ♪1年とォォ五ヶ月ゥ前からサァァボぉぉオオッッてぇるぅ …

じゃ俺、ツッコミやるわ!

先日、大掃除をしました。まぁ私って奴は壊れそうなモノばかり集めてしまうガラスの2 …

無神論者はワールドカップを観ろ

ワールドカップが近付きましたね。この時期になると普段サッカーなんて大して興味ない …