とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

ご愁傷 Summer Death

      2014/10/08

今年の夏もめでたく無事に過ぎ去りまして、例えば太陽の陽気でちょっぴり開放的になっちゃったキャピルン娘とのホットなハプニングとか、ビーチが似合う活発なハッスル娘とのアツアツな冒険とか、そういった事件が一ッッッッ切起こらない平穏至極な夏でした。1ミリの波風も立たない平和そのものですよ、えぇ。

ホントね、街を行き交うおねぃちゃんたちも文明の行き届かない地域の部族かってくらいハダカに近い格好で、え? なにそれ? トイレットペーパー? と思わざるを得ないようなアホほど薄い服に身を包んでウロウロしていたわけなんですけど、心の底から日々の平穏を希求する私としましては、こういったパッパラパーな感じのオナゴを目の当たりにすると「けしからん!」とどうしても立ってしまうんですよ。あ、すみません。主語を入れるのを忘れていました。どうしても“腹が”立ってしまうんですよね。

スポンサーリンク

こないだなんて、脚や背中がモロ出しで肌色の割合が多すぎるプリプリギャルに思わず興奮、、、じゃなくて憤慨しちゃって、ここはひとつ注意してやろうと思ったんです。
さすがに道端でくどくど説教するのも何なので近くの喫茶店にでも寄って、そしたらプリギャルってば私のありがたいお話にすっかり感激しちゃったりして「アナタに夜通し叱られたいわん」とかでそのままエロ☆ホテルになだれ込んだりで、それから脚や背中どころか全部モロ出しにしてやって、今夜はここだけ記録的な熱帯夜じゃい! 夏だけにワシのバナナボートにライドオンじゃい! とかよく考えると全くワケのわからないことを叫びながら大フィーバーですよ。
うん、まぁ実際は声をかけようとすると真夏だというのに何故だか全身がガタガタと震えだして話しかけることもままならず惜しくもフィーバーはできなかったんですけれども。

そういうわけで、私が日頃から口を酸っぱくして、ついでに全身汗ダルマで体臭まで酸っぱくして説いているのが純潔を尊ぶエレガントな品位。この誇り高き理想を持っていたおかげで阿呆どもが暑さにやられて欲望を爆発させるこの時期に私だけは理性を失わず、ついでに貞操も失わずにやってこれたのです。
さすが非モテ紳士! さすがチェリー貴族! もうDOUTEI以外に失うものなど何もないぜ!

どうやら紳士すぎる私のひと夏のトキメキ体験は来年の夏どころか来世までの持ち越しになりそうです。

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第二十三回掲載「正解のない世界」

世界ってのは本当に広いもんです。私が生活している街、私を取り巻く人々、私の知って …

第三十四回掲載「俺の嫁を紹介します」

海の向こうのアメリカに住んでいる皆さんに毎度日本のホットな話題を提供しているこの …

第四十四回掲載「大人は見えないしゃかりきコロンブス」

お酒なんてサッパリ飲めない私ですけどたまに何かの付き合いとかで居酒屋に行くことが …

第五十一回掲載「あいらぶベースボーズ」

日おこなわれたWBCでは我らが日本代表が見事に優勝を決めちゃいましたね。私も手に …

第二十四回掲載「開けましてオレでとう」

あけましておめでとうございます。もう皆さんがコレを読んでいる頃には正月ムードなん …

第十一回掲載「メリークリスマス!」

街はクリスマスムード一色ですね。この時期になると、もうドコへ行っても愛欲の奴隷と …

第三十八回掲載「私のサラダ記念日」

イエスかノーか、様々な要素が複雑に絡み合う現実世界における物事は必ずしもこういっ …

第四十一回掲載「いけないいけない、ばぁ」

学生時代の友人に子供が産まれました。青春時代をともに過ごし「スピードのメンバーの …

第三回掲載

モテません。 どうしようもないほどモテません。 けれど寂しくありません。私には大 …

第五十回掲載「邪魔?する奴は? 指先ひとぉつで?? 花粉症ぉ??」

ドワックショイ! 花粉症が猛威を振るう季節ですね。おかげで私もクシャミと涙と鼻水 …