とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第五十五回掲載「二次の金貨」

      2014/10/08

清純派アイドルとしてお馴染みだったあの芸能人がカラダに良くない方のお薬を服用して御用になっちゃったそうで、清楚に徹することこそ女性の本懐なり!アッパッパーなおねぃさんどもは女性ではなくメスと呼ぶべし!と常日頃から豪語しまくっている私にとってはマンモスかなピー事件なんですよね。

そのショックたるや私の中での今までの常識が丸ごと覆されたような驚愕と言いますか、肉マンだと思って齧り付いたらアンマンだったような困惑と言いますか、クラスメートからラブレターを貰ってテンション馬鹿上がりするもよく考えたらウチって男子校じゃね?というような絶望と言いますか、ともかく一人きりで震えながら寂しすぎて死んでしまってもおかしくない程の衝撃を受けたわけです。私が秘かに想いを寄せているピュアなあのコだって実はとんでもねぇヤリのマンで誰彼かまわずエロリンパ!イツでもドコでもヤリリンパ!やべぇ、それはそれで物凄く興奮する!などと思ったりで夜も眠れません。

スポンサーリンク

この薄汚れたイマという時代において清純派なんてのはマンモスと同じく既に絶滅してしまっていると言えるのです。ていうか清純派という振れ込みでデキ婚するようなアイドルや清純派AV女優などという支離滅裂な売り文句がつけられたエロいDVDが蔓延する現状から見て、本来の「慎ましく気品のある美しい女性」といった意味から逸脱した「マジメを装う計算高い女性」のような捉え方が正解なのかもしれません。

本当の清純派オニャノコが実在しないのですから、そんなもんは私のような男性側の身勝手な理想、現実離れした妄想でしかなく、本当に愛するべき相手が本当の世界には居ないことになります。
となると、つまり二次元ですよ。ええ。

クスリどころかトイレすら使用しませんとでも言わんばかりの清純派がシャブってラリって尿検査まで受ける三次元の現実に対して、二次元の清純派はクスリに手を出す心配もありませんしガチでウンコもしません。ましてや他の男とのエロリンパやデキ婚なんて絶対にありえないことですから男性も安心してありったけの愛情を注ぐことが出来ます。決して私を裏切らない従順な恋人は二次元にこそいるのです。

二次元サイコー!二次元バンザイ!

というわけで理想の二次元オニャノコと付き合いたいのですが、モニター越しにしか会うことができません。どうすればリアルで会えますか?やっぱ警察に捜索願を出すしかないんですか?

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第三十七回掲載「ヤツはとんでもないモノを盗んでいきました」

原付が盗まれました。ホントにね、この一文が今月の全てだってくらいショックがデカい …

NYのフリーペーパー掲載に関しての経緯

こないだはじめ氏が勝手に『とある芸人の一言』内に投稿フォームを作りやがりまして、 …

第十三回掲載「押忍!帰宅部」

トリノ・オリンピックが遂に開催されましたね。その模様はメディアで連日扱われており …

第五十三回掲載「カクテルをカクシテル」

相も変わらず「彼女いない歴=年齢」のクールな生き様を貫き通している私なんですが、 …

第二回掲載

ペットなんかには無縁のように思われつつも、密かに自宅でダニやゴキブリを大量に飼育 …

第三十四回掲載「俺の嫁を紹介します」

海の向こうのアメリカに住んでいる皆さんに毎度日本のホットな話題を提供しているこの …

第四回掲載

-前回のあらすじ- 『モテなくたっていいじゃない。人間だもの』をスローガンに、ブ …

ご愁傷 Summer Death

今年の夏もめでたく無事に過ぎ去りまして、例えば太陽の陽気でちょっぴり開放的になっ …

第二十回掲載「泣きながら唱えよう新しい進化論」

この『踊るで、しかし』を手にしている方々と言えばきっとニューヨークのオシャレな …

第五回掲載

オシャレで小粋なニューヨーカーの皆さんお元気ですか?毎度の如く、ウザくてダサい田 …