とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第三十九回掲載「”桜”の字には”女”が隠れている」

      2014/10/08

春です。すっかり春です。皆さんいかがお過ごしですか?季節の情緒とか自然の趣とかそーゆーのを解するハイセンスな私は桜の咲き乱れる並木道を散歩しながら「ピンクの花ビラって捉え様によってはエロい」などと春の風情を楽しんでいます。

春と言えば出逢い、そして同時に別れの季節でもあります。私がまだ桜を見てもエロを感じないチビッコだった頃、むしろ桜より頭の中のお花畑が年中満開なチビッコだった頃の桜舞う四月、クラスに田村くんという子が転入してきたんですけどコイツが桜前線に乗ってやってきた圧倒的な地方育ちの風雲児でした。まぁ私の住む福岡県もバリバリの地方なんですが田村くんは更に上をゆく異世界からの使者でして、以前住んでいた所はコチラに比べてテレビのチャンネル数が少なかったためにアニメの話題にも全く付いてこず、アクセントの違いで普通に喋るだけでクラスメイト全員が大爆笑ってレベルの炎の転校生だったのです。

スポンサーリンク

当時の私は子供心に「他県に住むのは嫌だな。なんかカッコ悪いし、毎週欠かさずチェックしていたあのアニメが急に放送されなくなったら困るもんな」などと田村くんへの差別とも同情とも言える気持ちを抱いていたんですね。まぁ当の田村くんにしてみれば住んでいた場所が違うからって差別を受けるのは不当ですし同情されても余計なお世話でしょうけど、ともかく当時の私はそう思ったわけですよ。そんなわけで密かに心の中で蔑んでいた彼にある日こう話しかけられました。

「ミスターMくんってエロ本ば見たことあるね?」
「なななななないけど、田村くんは?」
「俺はあるばい。前に住んどった家の近くの雑木林ん中に山んごと捨てられとったけん」

いやいや、誰ですか?他県が嫌だなんて言ったのは?テレビ番組や話し方が違ってもソコには楽園があるじゃないですか?私が彼に抱いていた浅ましい侮蔑の感情が尊敬と憧れに変わった瞬間です。私の知らない世界を知る彼が急に大人に見えて、相対的に自分自身がとてもちっぽけな存在に思えて、ああ!何だか凄く眩しいよ!眩しすぎるよ!田村くん!

エロ本というパンドラの箱を開け、未踏の地に立ったチビッコ聖人こと田村くんでしたが翌年の春に再び別の地方へ転校してしまいました。桜前線に乗ってやってきたエロ少年は桜前線と伴に去っていったのです。

決して忘れることのできない出逢いと別れ。私は毎年桜の咲く頃になると彼のことを思い出し、桜並木からいつの間にか雑木林に散歩コースを変更してしまいます。田村くん元気にしていますか?私は下半身が特に元気です。

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第五十五回掲載「二次の金貨」

清純派アイドルとしてお馴染みだったあの芸能人がカラダに良くない方のお薬を服用して …

第五十一回掲載「あいらぶベースボーズ」

日おこなわれたWBCでは我らが日本代表が見事に優勝を決めちゃいましたね。私も手に …

第二十九回掲載「童貞の道程」

「昨日徹夜してさぁ」 「俺なんて二時間しか寝てねぇよ」 こういった” …

第二十六回掲載「性理性頓の心掛け」

私って奴はなかなかモノを捨てられない性分ですから部屋中に無駄なモノが溢れておりま …

第二十回掲載「泣きながら唱えよう新しい進化論」

この『踊るで、しかし』を手にしている方々と言えばきっとニューヨークのオシャレな …

第五回掲載

オシャレで小粋なニューヨーカーの皆さんお元気ですか?毎度の如く、ウザくてダサい田 …

第三十一回掲載「お婆様は魔女」

知人のタカシが交通事故に遭いまして、まぁ大した事故ではないので「先生!タカシの容 …

第五十回掲載「邪魔?する奴は? 指先ひとぉつで?? 花粉症ぉ??」

ドワックショイ! 花粉症が猛威を振るう季節ですね。おかげで私もクシャミと涙と鼻水 …

第三十二回掲載「フラグでフライング」

いや?私にも遂にフラグが立ちました。これで世間のイチャついたカップルどもと自分の …

第四十五回掲載「キミのハートにホームラン」

スポーツの秋!とゆーわけで最近草野球にハマっている爽やかスポーツマンことミスター …