とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第十三回掲載「押忍!帰宅部」

      2014/10/08

トリノ・オリンピックが遂に開催されましたね。その模様はメディアで連日扱われており、普段はウインタースポーツなんてあまり興味ない私も思わずテレビに見入ってしまってますが、そのなかで一つ気になることがあります。

スポンサーリンク

今回のオリンピックとの接点がほぼ0であろうと思われるバラエティータレントが何故か五輪特番に出演しており、気の利いたコメントのひとつすら出来ないにも関わらずキャスターなんてやってるんですね。まぁ確かに生粋のウインタースポーツ職人や頑ななオリンピックマニアばかりが出演する初心者お断り級のコアな特番を組んでも一般の人は理解できないので、入り口が広く誰もが楽しめる番組にするためにはスポーツ素人であるタレントの抜擢も致し方ないと思うのです。しかし問題はそこではありません。警戒すべきはこのようなスポーツ祭典期間中におけるメディアに感化されて続々と繁殖する即席スポーツフリークたちなのです。

先日のことなんですが、知人が日本の獲得するメダルの数やオリンピックのその他の見所について自説をこれ見よがしに展開していたところ、私は激しいデジャブに襲われました。

「そのハナシどっかで聞いたような、、、そうだ!昨日のテレビコメンテーターが言ってたことに似ている!というより丸パクリだ!」

いやね。自信満々で熱弁奮っている相手にパクリだと指摘しようものなら一気にその場の空気が凍り付いて、それこそ冬季オリンピック会場みたいな状況になるわけじゃないですか。ノリノリなトコに水を差すのも悪いですから、こういった似非ファンやなんちゃって知識人たちに適当に相槌をうったり、ソレッぽくリアクションしたりなど色々と気を遣わなければならないわけですよ。五輪が終わっても今年はワールドカップが控えてますからサッカーの知識をひけらかす元野球部員みたいな得体の知れない未確認生物が私の前にいつ現れるとも知れないのです。

スポーツは感動や興奮を生むと同時に確実に人を狂わせます。ひたむきな選手たちのプロの技術と勝負に挑む懸命な姿勢は美しく、観る者を青春のドラマにいざないますが、その観る者の過ごした青春がちょっとアレだった場合が厄介です。持てる力の全てを注いで野球のテレビゲームに興じることが青春だったゲーマーがオタク的観点からプロ野球の日本シリーズを語るとなるとゲーマーっぽく各選手の特性や能力を数値化する手の施しようのない事態となります。スポーツ選手と自らの青春とを重ね合わせるのは結構ですが、重ね方を間違えた結果の俄かファンの台頭は「正直アイタタ」であり、社会の害悪だと思うのです。

ところで私も中学から高校にかけては輝かしい青春時代を過ごしてきたんですよ。栄光の帰宅部エースとして放課後は一生懸命に帰宅に明け暮れていましたからね。ホームルームでの「みなさんさようなら」の挨拶では「みなさんさよ」くらいで既にスタートを切っているという期待の活躍っぷりです。

まぁ私の帰宅に懸ける青春だって語りだせばキリがないほど伝説を持っているわけで、ア スファルトの道路が青色ということで凶暴な人喰いザメがウヨウヨしている危険な海に見 立て、学校から家までの帰路を海に落ちず(青いアスファルト舗装部分を踏まず)して無 事に生きて辿れるかという冒険の旅に出たこともありました。

白線が敷かれた横断歩道はさしずめ吊り橋です。所々の線が消えかかってたりすると忽ち 冒険モノによくあるロープの切れそうな吊り橋へと変換されるわけで、こうなると自然と インディージョーンズのテーマを口ずさむことも必然です。

行く手を阻むトラップをジャンプで避け、あるいは冒険者の研ぎ澄まされたカンを活かし たルート変更によって見事に危険をかいくぐるのです。如何にしても対岸に渡れない場合 は息を止めていれば海中もセーフという当初の人喰いザメが生息している設定を完全にム シした後付けルールを適用したりなど予想を覆しすぎな大冒険です。

この他にも、なんか怖そうなヤンキーが屯しているコンビニの前を早歩きで横切ったり、 近くを通りかかると必ず吠えてくるヨソの家の犬に戦いを挑むという充実の部活動生活を 送ってきました。さらに驚くべきことに帰宅部の部員は数多くいるものの、以上のような 活動は全てたった1人でこなしてきたというあたり、もう私は不動のエースの座を欲しい ままにしています。

とまぁ、このように長々と書き連ねてきましたが、要するに私の言いたいことは「間違え た青春は偽スポーツファンよりも痛い」ということです。そんなわけで私はトリノ・オリ ンピックについて多くは語りませんが、いつか開催されるかもしれないイエニ・カエリン ピックでは誰よりも熱く語り、いやむしろ参加してメダルを狙うくらいの意気込みで頑張 ります。 ガンバレ!ニッポン! ガンバレ!ミスターM!

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第五十三回掲載「カクテルをカクシテル」

相も変わらず「彼女いない歴=年齢」のクールな生き様を貫き通している私なんですが、 …

第十二回掲載「あ・はっぴー・にゅー嫌」

あけましておめでとうございます。皆さん無事にお正月を迎えましたか?「やっぱ正月く …

第四十七回掲載「おもいでがおっぱい」

私がまだ将来への無限の可能性を秘めていたチビッコだった頃のお話です。当時は「ジャ …

第二十八回掲載「ハロー!プロジェクト から ヤロー!プロジェクト へ

元モー娘。辻希美が結婚!この衝撃のニュースは日本列島を震撼させ、小さめの離島なん …

第三十二回掲載「フラグでフライング」

いや?私にも遂にフラグが立ちました。これで世間のイチャついたカップルどもと自分の …

第三十九回掲載「”桜”の字には”女”が隠れている」

春です。すっかり春です。皆さんいかがお過ごしですか?季節の情緒とか自然の趣とかそ …

第十回掲載「萌え~は世界の共通語」

どーもどーも。電車男を目指しはじめたものの、日常で電車なんか滅多に乗らないことに …

第六回掲載

NY在住のよい子の皆さんお元気ですか?コチラ日本は夏真っ盛り!毎日毎日蒸し暑い日 …

第十八回掲載「夏到来!銭湯で戦闘」

照りつける太陽!香る潮風!そして電車の中で汗だくのオヤジ!めっきり夏ですね。季節 …

第三回掲載

モテません。 どうしようもないほどモテません。 けれど寂しくありません。私には大 …