とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第二十七回掲載「人類の敵、ヲタクをタタク!

      2014/10/08

我々が平和に暮らすためにこの地球上からなくさなければならないものは幾多あります。我々の眼前に立ちはだかる諸問題、人類の幸福を脅かすものと言えば例えばエイズやガンなどの病気もそうですが、その他にも戦争や災害、差別、そして何と言ってもヲタクですよヲタク!あのヲタクどもは一体何を考えているのか本当に理解できません。ていうか他人に理解されないことを旨とするのがヲタクってヤツですからね。こりゃ絶対に共存できない。ヲタクはヤバい。ヲタクだけは勘弁。

まぁね、私の知人にも鈴木っていうガチなヲタクな野郎がいるんです。しかし鈴木という彼の名前を出すと本人もこれを見てるかもしれませんし、その他にも何かと問題が起こりそうな予感がするので鈴木という名前は絶対にこの場では公表せず、鈴木の頭文字をとって仮にSと呼んで鈴木のことは絶対にバレないよう配慮するわけですがこの鈴木、、、じゃなくてSがまた酷くてその風貌からしてキモチ悪さを徹底的に追求したようなデブでメガネ、おまけに何かのアニメのロボットみたいなのがプリントされたTシャツに霜降りジーンズと何処で買ったのか見当もつかないようなファッションで女性にモテないこと山の如しですから。そしてこのSという生き物は我々とはかけ離れた世界に住んでいるので日常会話もままなりません。こないだなんてテレビを見ながら「そんなこと言うなんてお前は雪城ホノカか!」とかいう全くワケのわからないツッコミを入れてましたからね。誰だよ雪城ホノカって。何のアニメだよ。私に言わせればそのツッコミに対してツッコミたいわ!

スポンサーリンク

そんな鈴木、、、いやSの未来を案じつつ、これから彼と付き合っていくうちに何だか私までSのようなヲタク的生命体になっていく心配もあって悩みぬいた末にヲタクとは程遠いオサレで社交的な人気者である別の友人Yに相談したんです。「やっぱりヲタクって終わってるよな。ヲタクなヤツを救うには一体どうすればいいんだろう?」私なりに深刻な悩みを抱えていることを察知したのかYは私の相談に対して真剣にこう答えてくれました。「バカ!価値観は人それぞれだろ?ヲタクならヲタクなりに人生の楽しみ方もあると思うし元気出せ!お前は今のままヲタクでいいじゃないか!」

いや、ソッチじゃないんですよ。私がヲタクなSのことを心配してるという話だったはずがYがヲタクな私のことを心配してるみたいな展開になってますから。まるで私がヲタクであるかのような扱いです。何かを勘違いして熱弁を振るうYに対して思わずこうツッコんでしまいました。「そんなこと言うなんてお前は雪城ホノカか!」

おしまい

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第四十六回掲載「恋は流れ星」

ちょっとした日用品を買ったりATMを利用したり、また公共料金なんかの支払いもでき …

ご愁傷 Summer Death

今年の夏もめでたく無事に過ぎ去りまして、例えば太陽の陽気でちょっぴり開放的になっ …

第十九回掲載「太陽よりも熱い俺たちの伝説」

ここ最近の日本では地獄のような日照りが続き、暑いを通り越して熱いの域に達していま …

第十二回掲載「あ・はっぴー・にゅー嫌」

あけましておめでとうございます。皆さん無事にお正月を迎えましたか?「やっぱ正月く …

第三十一回掲載「お婆様は魔女」

知人のタカシが交通事故に遭いまして、まぁ大した事故ではないので「先生!タカシの容 …

第十三回掲載「押忍!帰宅部」

トリノ・オリンピックが遂に開催されましたね。その模様はメディアで連日扱われており …

第三十五回掲載「変人たちのクリスマス」

私がコレを書いている今、クリスマスシーズン到来ということでちょっと外へ出ると街は …

第三十八回掲載「私のサラダ記念日」

イエスかノーか、様々な要素が複雑に絡み合う現実世界における物事は必ずしもこういっ …

第二十九回掲載「童貞の道程」

「昨日徹夜してさぁ」 「俺なんて二時間しか寝てねぇよ」 こういった” …

第四十四回掲載「大人は見えないしゃかりきコロンブス」

お酒なんてサッパリ飲めない私ですけどたまに何かの付き合いとかで居酒屋に行くことが …