とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第二十六回掲載「性理性頓の心掛け」

      2014/10/08

私って奴はなかなかモノを捨てられない性分ですから部屋中に無駄なモノが溢れておりまして「そういえばアレ、どこやったっけ?」なんて日常茶飯事、こないだなんて印鑑を探しているといつ誰が何のために買ったのかわからない園芸雑誌が見つかりましたからね。撮った記憶のないプリクラが予想外の場所から出てくるなんてザラにありますし、いったい誰の仕業かと。この部屋には私の知らないところで私以外の何者かが住んでいるとしか考えられません。床下に死体が埋まっていても何らおかしくないミステリアスルームです。

毎日がウォーリーを探せというのも楽しいものですが、いささか不便ではあります。ぐうたらな私もやはりここは一念発起して整理整頓を徹底してやろうと思うに至りました。まずね、部屋の片隅に転がっているコンビニ袋の中に大量のコンビニ袋がパンパンに入ったワケのわからないカタマリなんですが、これは何のために置いてあるのか見当もつきません。恐らくちょっとした簡易ゴミ袋として使おうなどと考えて溜めていたものだと思いますがゴミ袋自体がゴミになっているなんて本末転倒!とりあえずこのゴミを纏めるために一旦袋づめにしてやろうと思いましてね、それに丁度良いような袋を探しているとなんと目の前にコンビニ袋が!いや~ゴミ同然のコンビニ袋とはいえイザというときには本当に便利ですね。えぇ捨てられません、こうなるとコンビニ袋は捨てられませんとも。

スポンサーリンク

続いて発見したのはネジです。何のネジだかさっぱりですが見紛うことなくネジです。なぜこのネジ一本だけが置いてあるのか不思議です。こういうのって困りますよね。何のネジかわかりさえすればそれが必要か不要か判別できるのですが、何か大事なものの大事な部分を繋ぎ止めるネジかもしれないと考えると安心して夜も眠れませんからとりあえず保留ということにしましょう。このままでは捨てるに捨てられませんからね。

気をとりなおして片付けを続けていると今度は古いエロ本が!こんなの今更見ても興奮なんてしませんからゴミ以外のナニモノでもありません。でも捨てる前に少しだけ中身を見てみるとエロさの代わりに懐かしさが込み上げてくるんです。ああ、こいつにはお世話になったなぁなんてね。長年同棲していた女性を邪魔だからという理由で簡単に捨ててしまう、便利で合理的ではありますが私にはそんなことできません。はい、私の負けです。これも捨てられません。

捨てること、これは簡単そうに見えて並々ならぬ勇気とある面では非情さをも要します。だからお前は童貞も捨てられないんだとかいうツッコミが聞こえてきそうですが、プライドだけはとっくの昔に捨てていますから多分大丈夫です。

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第三十回掲載「へんじがない ただのしかばねのようだ」

ドラクエ知ってますか?ドラクエ!泣く子も黙るキラーソフト!ゲーム界の重鎮!言わず …

第三十八回掲載「私のサラダ記念日」

イエスかノーか、様々な要素が複雑に絡み合う現実世界における物事は必ずしもこういっ …

第三十二回掲載「フラグでフライング」

いや?私にも遂にフラグが立ちました。これで世間のイチャついたカップルどもと自分の …

第十七回掲載「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ

自分の思っていることを他人に正確に伝えるって本当に難しいものです。思ったことや考 …

NYのフリーペーパー掲載に関しての経緯

こないだはじめ氏が勝手に『とある芸人の一言』内に投稿フォームを作りやがりまして、 …

第十三回掲載「押忍!帰宅部」

トリノ・オリンピックが遂に開催されましたね。その模様はメディアで連日扱われており …

第四十五回掲載「キミのハートにホームラン」

スポーツの秋!とゆーわけで最近草野球にハマっている爽やかスポーツマンことミスター …

第四十一回掲載「いけないいけない、ばぁ」

学生時代の友人に子供が産まれました。青春時代をともに過ごし「スピードのメンバーの …

第五十二回掲載「キリンさんが好きです。でも、おっぱいの方がもっと好きです」

ちょっと小難しい話になりますが、「ここにコップがあります」という命題は、実際にコ …

第十回掲載「萌え~は世界の共通語」

どーもどーも。電車男を目指しはじめたものの、日常で電車なんか滅多に乗らないことに …