とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第三十回掲載「へんじがない ただのしかばねのようだ」

      2014/10/08

ドラクエ知ってますか?ドラクエ!泣く子も黙るキラーソフト!ゲーム界の重鎮!言わずとしれた国民的ゲームですからプレイしてない輩は非国民と罵られ公権力によって抹殺されることで有名なあのドラクエですよ。

私なんて中学時代から十年以上家庭用ゲームをまともにプレイしてないっていうかそもそもゲーム機を持ってませんでしたが、次世代マシンの登場により旧来のゲームが何か割とどうでもいい扱いになったおかげで最新ゲーム機を所持する知人から旧ゲームを丸ごと借してもらえることに相成りました。やはり持つべきものはブルジョアな知人ですね。

スポンサーリンク

噂のドラクエも近いうちに新作が出るらしいですけどとりあえず目下最新作のドラクエを、と言っても数年前のゲームですけど今更ながらにプレイしまして、これがスゲェのな!フル3Dでぐりぐり動きアクションも多彩!びっくりするほどリアル!昔の平面的な素っ気ないドット絵グラフィックに「??をつかった」「??をたおした」みたいな必要最低限の説明だけのゲームと比べると雲泥の差です。緊張と興奮の度合いでいえば鬼ごっこでクラスメートに追いかけられるのと、モノホンの鬼に追いかけられることの差ぐらい違う!違いすぎる!

ただね、ゲームを進めていくと次第に懐かしさも感じるようになるんですよ。ひとつのシナリオをクリアすると今まで行けなかった場所に行けるようになって、途中のイベントでアイテムや仲間が増えていって、だんだんと黒幕の正体が明らかになっていくという展開は十年前のゲームと何ら変わりありません。そういったシステムやバランスの面では昔とほぼ同じなんです。

ドラクエに限らず例えばオセロを最新のゲーム機で作ると「かつてない臨場感!オセロの石の質感をリアルに再現!勝利の際のファンファーレはオーケストラ録音を採用!さらに従来の白と黒だけでなく自分の好きなカラーの石にカスタムできる機能を搭載!」みたいな感じになるんですけどゲーム自体はそのままオセロです。根底の面白さは変わりません。視覚的に訴える部分は格段に進歩していますが中身は変わらず、つまり制作における技術は進んでもアイデアは昔のままなんですね。と言ってもこれはドラクエへの批判ではありませんよ。中身まで大幅に変わってしまうとゲームのブランクを持つ私が楽しめなくなってしまうおそれもありますし。

そんなことを思いながら冒険を続けているうちに気付いたんですが、女性キャラが動くときによく見たら微妙におっぱいが揺れるのな!リアルな3D!迫力の臨場感!スゲェ興奮!こりゃプレイにも力が入ります。

どうやらゲームだけでなく私自身も中学時代から変わってないようです。

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第八回掲載「天災(台風)vs天才(ミスターM」

アメリカではルイジアナ州のハリケーンの被害が甚大なようで、痛ましい被害の模様は日 …

第五十五回掲載「二次の金貨」

清純派アイドルとしてお馴染みだったあの芸能人がカラダに良くない方のお薬を服用して …

第二十五回掲載「ミスターMオススメのウマい店」

近所にね、寂れた定食屋があるんです。寂れたと言っても客が絶望的に少ないとか食いモ …

第五十二回掲載「キリンさんが好きです。でも、おっぱいの方がもっと好きです」

ちょっと小難しい話になりますが、「ここにコップがあります」という命題は、実際にコ …

第三十七回掲載「ヤツはとんでもないモノを盗んでいきました」

原付が盗まれました。ホントにね、この一文が今月の全てだってくらいショックがデカい …

第五十回掲載「邪魔?する奴は? 指先ひとぉつで?? 花粉症ぉ??」

ドワックショイ! 花粉症が猛威を振るう季節ですね。おかげで私もクシャミと涙と鼻水 …

第十二回掲載「あ・はっぴー・にゅー嫌」

あけましておめでとうございます。皆さん無事にお正月を迎えましたか?「やっぱ正月く …

第四十回掲載「エレベーターアクション」

こないだ知人の住むマンションまで遊びに行ったんですが、エレベーターに入ると「ここ …

第十七回掲載「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ

自分の思っていることを他人に正確に伝えるって本当に難しいものです。思ったことや考 …

第五十四回掲載「残酷な便意のテーゼ」

先日、ナウいヤングたちの集うカラオケ大会にお呼ばれしちゃいまして、安っぽい流行歌 …