とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第三十三回掲載「ターミネーター対キーモヲーター」

      2014/10/08

夜の街は謎を秘めています。人間の持つ理性は暗闇に塗り潰され、眩いネオンの明かりが性や暴力といった人間の野蛮な欲望に火をつけるのです。

先日ちょいとメモリースティックを買いに街の電器店に行ったんですが、全く買う気もない新作ゲームのデモ画面を指をくわえて見入ったり、これまた買う気のないマッサージチェアで全身揉みしだいたりの大ハシャギを決め込んでおりました。「ご自由にお使いください」て書いてあるのをいいことに肩もみボタンと肩叩きボタンを同時押ししたり、手元でリクライニング機能のついた背もたれを起こす操作をしつつも背中に全体重をかけて起こすまいと抗ったり、マッサージチェアから変な煙が出てもおかしくないほど本当に自由に使ってやったんです。

スポンサーリンク

そんなこんなで日も暮れてまいりまして「すっかり遅くなっちゃった」なんて言いながら家路へと向かったのですが、途中で九州一の歓楽地、狂気と混沌の渦巻く危険地帯である中洲の街を通らなければならないのです。PCの周辺機器を買いに行った帰りは周辺危機だね。と最高のギャグを考えながらエロい格好のネーチャンや獣の眼をしたオジサンたちの波を掻き分け進んでいると、サングラスをかけ、隆々とした筋肉を革ジャンで覆った全身黒ずくめの男性に出くわしました。恐らく日本人だと思われるのですがまるでターミネーターに出てくるような、ていうかターミネーターにしか出てこないような出で立ちのカルフォルニア州知事っぽい人が夜の街を彷徨いているんです。この男なら五千円ポッキリ!とか言いながら歩み寄ってくる呼び込みの店員の腕をポッキリ折ってしまいかねないんですが、なんとその州知事みたいな危険な男が私に話しかけてくるんですよ。

ダダンダンダダン!というお馴染みのBGMが聞こえてきそうな展開です。これは人類の将来を担う存在である私を抹殺するために未来から送られてきた悪のサイボーグと見て間違いないでしょう。自分自身のため、そして全人類のためメモリースティックを武器に闘うことを決意した私に対して州知事は「すみません。メイドカフェ??は何処ですか?」と一言。いやいや、ターミネーターじゃなかったんですか!そして大勢の中から私を選んで訊ねるなんてまるで私がメイドカフェに精通したキモヲタみたいじゃないですか!いい加減にしてほしいもんです。憤慨しながら「そこの角を右です」と教えてあげました。

荒くれ者の風貌でメイドカフェに行くとは大いなる謎ですがそんなことよりなぜ私をキモヲタ扱いしたのか、そしてなぜ私が場所をサラリと答えることができたのか、べべ別に私がメイドカフェに精通したキモヲタなわけないじゃないですか!かか勘違いしないでよね!やはり夜の街は謎を秘めているようです。

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第四十六回掲載「恋は流れ星」

ちょっとした日用品を買ったりATMを利用したり、また公共料金なんかの支払いもでき …

第五十二回掲載「キリンさんが好きです。でも、おっぱいの方がもっと好きです」

ちょっと小難しい話になりますが、「ここにコップがあります」という命題は、実際にコ …

第十四回掲載「(笑)について笑わずに考えてみる」

小学生の頃より河原に落ちてるシナシナになった大人用の雑誌を熟読しまくり、中学生に …

第八回掲載「天災(台風)vs天才(ミスターM」

アメリカではルイジアナ州のハリケーンの被害が甚大なようで、痛ましい被害の模様は日 …

NYのフリーペーパー掲載に関しての経緯

こないだはじめ氏が勝手に『とある芸人の一言』内に投稿フォームを作りやがりまして、 …

第三十七回掲載「ヤツはとんでもないモノを盗んでいきました」

原付が盗まれました。ホントにね、この一文が今月の全てだってくらいショックがデカい …

第二十六回掲載「性理性頓の心掛け」

私って奴はなかなかモノを捨てられない性分ですから部屋中に無駄なモノが溢れておりま …

第四十三回掲載「ヲタクのヲタノシミ」

基本的に天涯孤独な私にも定期的に集まって食事に行ったりする友人グループがいるんで …

第五回掲載

オシャレで小粋なニューヨーカーの皆さんお元気ですか?毎度の如く、ウザくてダサい田 …

第三回掲載

モテません。 どうしようもないほどモテません。 けれど寂しくありません。私には大 …