とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第四十二回掲載「同棲対童貞」

      2014/10/08

前回は友人がパパになったというお話をさせていただきましたが今度は後輩に彼女ができたようで、しかも同棲なんぞ始めやがったらしく「今月から一緒に住んでるんすけどナカナカ大変すよ。ミスターMさんは一人だから自由を謳歌できて良いすね」とのこと。

そんな後輩の嫌らしい自慢話に対して私も先輩の尊厳をかけてノロケ話のひとつくらいしてやらねばなりますまい。下半身がトキメキかつ誰もが「あるある」と共感できる話題を挙げてやろうってなもんです。そこで浮かんだのが天界から人間界へ迷い込んだ美少女妖精が私の家で居候するという王道的展開ですよ。エロゲとかエロ漫画でよく見られるパターンですからこのシチュには誰もがトキメキを感じ、尚且つあるあると頷かざるを得ません。

スポンサーリンク

で、その妖精の名前はマリーというんですけど彼女がまたオテンバでしてね。こないだなんて入浴でもしようと風呂場の扉を開けたら裸でシャワー浴びてたんです。

「キャー!」
「うわっ!おまえ入ってたのか」
「もう!バカ!ヘンタイ!見ないでよ!」

いや?あの時はシャワーの熱湯を頭からかけられて散々でしたよ。別に覗く気はなかったのにマリーってばずっとむくれてましたから。

「おいマリー、そろそろ機嫌なおせよ」
「ズルいわよ」
「え?」
「アンタだけ見るなんてズルいわよ!私にもアンタの裸を見せてよね!」
「おまえ、何言って、うわ、やめろぉ!」

うむ、我ながらあるあるの完璧な流れに後輩も「ミスターMさん、ココ大丈夫すか?」と頭を指差しながら聞いてきますから恐らく熱湯をかけられた私を心配してるんでしょう。

「おいやめろ!そんなにくっつくな!」
「そうだよね?」
「、、、マリー?」
「こんなガサツな女なんてイヤだよね?」
「そ、そんなことねぇよ!おまえのそういうとこも案外好きだぜ」
「もう、バカ」

なんて言いながらも耳(妖精なので尖ってる)まで真っ赤にしているのを見逃さないわけですよ。これには後輩もたまらず「もういいです!もうやめてください!」と私のノロケ話が羨ましくて耐えられなくなった様子ですからね。

浮かれる後輩を返り討ちにし、スッキリしたところで家に帰った私は早速風呂場を覗いてみました。あれ?誰もいないようですね。ここで裸の妖精がシャワーを浴びているハズなんですけど。はは?ん、さてはマリーのやつ、魔法でも使って隠れてやがるな?全くアイツもつくづくイタズラっ子だぜ。

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第四回掲載

-前回のあらすじ- 『モテなくたっていいじゃない。人間だもの』をスローガンに、ブ …

第四十九回掲載「私を酔わせてどうするつもり?」

私はお酒が飲めません。まぁ全くの下戸でありながらも先の忘新年会シーズンを何とか切 …

第四十八回掲載「唐揚げ低所得」

よく利用している駅の近くに行きつけの定食屋があるんですけど、まぁ私くらいのセレブ …

第五十四回掲載「残酷な便意のテーゼ」

先日、ナウいヤングたちの集うカラオケ大会にお呼ばれしちゃいまして、安っぽい流行歌 …

第六回掲載

NY在住のよい子の皆さんお元気ですか?コチラ日本は夏真っ盛り!毎日毎日蒸し暑い日 …

第十八回掲載「夏到来!銭湯で戦闘」

照りつける太陽!香る潮風!そして電車の中で汗だくのオヤジ!めっきり夏ですね。季節 …

第四十五回掲載「キミのハートにホームラン」

スポーツの秋!とゆーわけで最近草野球にハマっている爽やかスポーツマンことミスター …

第二十六回掲載「性理性頓の心掛け」

私って奴はなかなかモノを捨てられない性分ですから部屋中に無駄なモノが溢れておりま …

第十九回掲載「太陽よりも熱い俺たちの伝説」

ここ最近の日本では地獄のような日照りが続き、暑いを通り越して熱いの域に達していま …

第五十二回掲載「キリンさんが好きです。でも、おっぱいの方がもっと好きです」

ちょっと小難しい話になりますが、「ここにコップがあります」という命題は、実際にコ …