とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第四十五回掲載「キミのハートにホームラン」

      2014/10/08

スポーツの秋!とゆーわけで最近草野球にハマっている爽やかスポーツマンことミスターMですけれども、まぁ私たちくらいのレベルになるとお遊びサークル的な素人集団のノリとは一味違いますから、週末ともなれば近所の運動公園を借り切ったりしちゃって割と本格的に練習してるんですよ。

自分で言い切ってしまうのも憚られますけどそこらの寄せ集めとはレベルの違う我がチーム内においても、一際実力の高いキープレイヤーであるところの私ですからトレーニング内容も過酷を極めます。練習時間の大半はバットでチームメイトの尻の穴をグリグリしたり、ボールを股間に添えて「見て!デカいキ?タマ!」とチームを鼓舞したり、はたまた木の枝でグラウンドの隅にガンダムの絵を描いたりするなど恐らく他のどの選手もマネ出来ないであろう練習メニューを積極的にこなしてますからね。

スポンサーリンク

チームの軸として実力を認められた私の打順は「オマエ基本的にベンチ要員だけど試合に出すとしても下位打線だな」の満場一致の声により主に八番という超重要な役所を担い、さらに守備のポジションは「走れないオマエはキャッチャーやっとけよ」という熱い期待に応えて捕手としてチームを引っ張るまさに攻守ともに中心的存在なわけですよ。

ある日いつものようにハードトレーニングを、具体的に言うとバットに跨り魔女の宅急便のマネをしていると、グラウンド隣の広場に小学生くらいのワンパク少年たちが集まって野球をしていました。野球への熱い情熱は大人も子供も変わらないんだなぁと生暖かい眼差しで見守っていたんですが、よく考えると大人だけが整備された有料グラウンドを借りて、子供はその脇のこぢんまりした広場を使うなんて同じ野球を愛する人間としてこんな格差はおかしいと感じましてね、フェンスを越えて少年たちに声をかけました。

「ねぇ、キミたち!グラウンドの方に来ておぢさんらと野球やらない?」なんてまるで難病に侵された子供に対して試合でのホームランを誓ったベーブルースを彷彿とさせるセリフです。伝説の名プレイヤー然とした私の佇まいに恐縮したのか少年は一歩、また一歩と少しずつ後ずさりしていましたからね。

確かに偉大な選手を前にして少年が縮こまるのも無理はありません。野球と子供を何よりも愛する私は彼らの緊張をぼくすためにボールをそっと手にとって股間にあてがい「ほら見てごらん。デカいキ?タマ」と言うや否や少年たちはクモの子を散らすように一斉に走り去っていきました。

夢中になってランニングに打ちこむ少年たちの後ろ姿に「やはり走り込みは基本だぞ」と私は再び生暖かい視線を投げかけるのでした。

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第三十七回掲載「ヤツはとんでもないモノを盗んでいきました」

原付が盗まれました。ホントにね、この一文が今月の全てだってくらいショックがデカい …

第三十三回掲載「ターミネーター対キーモヲーター」

夜の街は謎を秘めています。人間の持つ理性は暗闇に塗り潰され、眩いネオンの明かりが …

第四十四回掲載「大人は見えないしゃかりきコロンブス」

お酒なんてサッパリ飲めない私ですけどたまに何かの付き合いとかで居酒屋に行くことが …

第十五回掲載「血塗られたバースデイ」

ハッピバ~スデイトゥミ~♪ ハッピバ~スデイトゥミ~♪ ハッピバ~スデイディアミ …

第三十二回掲載「フラグでフライング」

いや?私にも遂にフラグが立ちました。これで世間のイチャついたカップルどもと自分の …

第四十九回掲載「私を酔わせてどうするつもり?」

私はお酒が飲めません。まぁ全くの下戸でありながらも先の忘新年会シーズンを何とか切 …

第三十一回掲載「お婆様は魔女」

知人のタカシが交通事故に遭いまして、まぁ大した事故ではないので「先生!タカシの容 …

第四十二回掲載「同棲対童貞」

前回は友人がパパになったというお話をさせていただきましたが今度は後輩に彼女ができ …

第三回掲載

モテません。 どうしようもないほどモテません。 けれど寂しくありません。私には大 …

第二十四回掲載「開けましてオレでとう」

あけましておめでとうございます。もう皆さんがコレを読んでいる頃には正月ムードなん …