とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第四十八回掲載「唐揚げ低所得」

      2014/10/08

よく利用している駅の近くに行きつけの定食屋があるんですけど、まぁ私くらいのセレブともなれば唐揚げ定食(680円)で優雅にランチってのがお決まりのパターンでして、店のアルバイトの女の子も私が入ってくるなり「いらっしゃいませ。いつもの唐揚げ定食ですね?」と超ビップ待遇。

普通のお客だと席へ通されてからお冷やが来て、メニューを見ながらあ?でもない、こ?でもないと悩んだあとで最後に注文と相成るわけですが、私の場合は完全に顔パスですからね。やはりセレブは下々の者とはスタートラインからして違います。

スポンサーリンク

そして、この定食屋はゴハンのおかわり自由ということで、唐揚げを食べ尽くした後も女性店員の背中にうっすら見えるブラのラインをオカズにさらにゴハンをいただくというトリッキーな技も可能なんです。もはや、ゴハン食べ放題どころかやりたい放題、おかわり以外の自由も謳歌しているわけで、私ってば、さすがセレブだけあって食事の作法もエレガントです。
ただ一つだけ不満というか、ちょっと不都合な点もあるんです。例えば普段からセレブな私がいつもに増して超セレブ気分なときに「よっしゃ! 今日はトンカツ定食(860円)で至高の贅沢だ! ひれ伏せ! 愚民ども!」と息巻いてみても私が入口のドアを開けるや否や…

ガラガラ?
「ハイ唐揚げ定食入りま?す」
とキタコレ。いやね、こんなときは今日はトンカツ定食にしますって言えば問題ないんですけど…

ガラガラ?
「いらっしゃいませ?」
じゅわわ?

とか間髪入れずに鶏を揚げ始めるとなると、もう抗う術もありません。

まぁ古来より日本では言語に極力頼らない意志疎通を重んじる伝統がありまして俳句や短歌にしてもそうですが、必要最低限の情報だけで情景や思念を伝えて、足りない部分は受け手の想像に委ねるのが美しいとされるわけです。思ったことや伝えたいことをハッキリ詳細に説明すると判りやすいのですが、それって野暮じゃない? 唐揚げモードに突入してる店員を遮って別のにしろなんて何だか図々しいじゃない? ガツンと自分の意志を主張できない私にはゴハンおかわり自由と言えども注文の自由はないわけですよ。
思っていることを形にするには勇気が要ります。相手が当惑するかもしれない、図々しく思われるかもしれない、しかし美徳だとか気品だとかを無視して泥臭くとも敢えて言わねばならない場合もあるのです。そうでなければ本音は伝わりませんから。

「いらっしゃいませ?、唐揚げ定食屋ですね?」
「いや、ブラを見せてください」?本音

うん、確かにこの注文は勇気が要ります。

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第三回掲載

モテません。 どうしようもないほどモテません。 けれど寂しくありません。私には大 …

第四十三回掲載「ヲタクのヲタノシミ」

基本的に天涯孤独な私にも定期的に集まって食事に行ったりする友人グループがいるんで …

第二十七回掲載「人類の敵、ヲタクをタタク!

我々が平和に暮らすためにこの地球上からなくさなければならないものは幾多あります。 …

第三十四回掲載「俺の嫁を紹介します」

海の向こうのアメリカに住んでいる皆さんに毎度日本のホットな話題を提供しているこの …

第一回掲載

お初にお目にかかります。私はミスターMと申しまして、アメリカ留学中の友人がつくっ …

第六回掲載

NY在住のよい子の皆さんお元気ですか?コチラ日本は夏真っ盛り!毎日毎日蒸し暑い日 …

第十九回掲載「太陽よりも熱い俺たちの伝説」

ここ最近の日本では地獄のような日照りが続き、暑いを通り越して熱いの域に達していま …

第五十五回掲載「二次の金貨」

清純派アイドルとしてお馴染みだったあの芸能人がカラダに良くない方のお薬を服用して …

第十八回掲載「夏到来!銭湯で戦闘」

照りつける太陽!香る潮風!そして電車の中で汗だくのオヤジ!めっきり夏ですね。季節 …

第四十六回掲載「恋は流れ星」

ちょっとした日用品を買ったりATMを利用したり、また公共料金なんかの支払いもでき …