とある何人の一言 – ミスターMの大気圏突入 –

ようこそ『とある何人の一言』へ。笑いの観点から社会を正す謎の男、ミスターMが私の個人的な価値観を拠り所に、刺して刺して刺しまくります。

第五十二回掲載「キリンさんが好きです。でも、おっぱいの方がもっと好きです」

      2014/10/08

ちょっと小難しい話になりますが、「ここにコップがあります」という命題は、実際にコップがその場所においてあるという事実(客観)と、コップがあるなぁと認識する人(主観)の両方があってこそ成り立ちます。

つまり、マジでコップがなければ「コップがあります」は、足り得ないのは勿論、誰も見ていない場所にコップなんかあってもそりゃ無いのと同じことなんですよね。

例えば、昔むかしにニュートンが万有引力を発見して以降、常に地球の中心に向かって物体を引き寄せる力が働いていることが知られるようになったわけですが、ではニュートン以前の自然界において万有引力は存在しなかったかというと、んなこたなくてニュートンが生まれるもっとずっと前からあったはずなんです。

スポンサーリンク

要は地球がモノを引っ張っているという客観的事実にくわえて、これって地球が引っ張ってんじゃね?と考えたニュートンの主観があってこそ、万有引力は万有引力として認められるに至ったわけですよ。

で、 この世界には揺るぎない事実である客観に対してまだまだ私の主観が追いついていない事柄が沢山あるってもんで、例えば屈指の非モテ族でナウく言えばDOU☆TEIな私はオンニャノコの持つおっぱいの魔力ってか魅力をイマイチ知らないんですよね。

そこにおっぱいがあってもその芸術性がわからないわけで、いや、噂では夢とかロマンとかが色々と詰まっているらしいですけど、街を闊歩するおねぃちゃん方って基本的におっぱい丸出しにすることってないじゃないですか? 公の場で丸出してたらそれはそれで大騒ぎじゃないですか? そんな感じで私の身近にある魅惑のおっぱいたちは秘密のベールに包まれていて私にとっては「おっぱいは素晴らしい」という事実は事実足り得ていないのです。だってよく見たことないんだもん?

おっ ぱいは見られることで、その魅力(もちろん芸術的な意味で)を発揮します。

つまり、おっぱいを隠すおねぃちゃんは至高の芸術をみすみす埋もれさせているに等しいんですよ。そんなことするくらいなら私をおっぱいに埋もれさせれ!

現代のニュートンてかニュウトウこと、この私ですが、おっぱいパワーで男性を引き付ける万ニュウ引力の秘密を解明するにはまだまだ時間がかかりそうです。

 - コラム掲載

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

第三十六回掲載「元旦に落胆」

明けましておめでとうございます。皆さん無事に新年を迎えましたか?私も今年の正月は …

第五十一回掲載「あいらぶベースボーズ」

日おこなわれたWBCでは我らが日本代表が見事に優勝を決めちゃいましたね。私も手に …

第四十一回掲載「いけないいけない、ばぁ」

学生時代の友人に子供が産まれました。青春時代をともに過ごし「スピードのメンバーの …

第三十三回掲載「ターミネーター対キーモヲーター」

夜の街は謎を秘めています。人間の持つ理性は暗闇に塗り潰され、眩いネオンの明かりが …

第二十九回掲載「童貞の道程」

「昨日徹夜してさぁ」 「俺なんて二時間しか寝てねぇよ」 こういった” …

第二十二回掲載「ミスターMの戦いの記録」

ナンパ師というのは恐ろしいものです。面識も何もない全くの他人である異性に突然声を …

第十六回掲載「萌える合コンで燃える闘魂」

私の大いなる偏見によるとNYという所は混沌と無秩序に覆われた危険なコンクリートジ …

第四十六回掲載「恋は流れ星」

ちょっとした日用品を買ったりATMを利用したり、また公共料金なんかの支払いもでき …

第三十七回掲載「ヤツはとんでもないモノを盗んでいきました」

原付が盗まれました。ホントにね、この一文が今月の全てだってくらいショックがデカい …

第四十五回掲載「キミのハートにホームラン」

スポーツの秋!とゆーわけで最近草野球にハマっている爽やかスポーツマンことミスター …